♪Czech

2009年04月30日23:55芸術三昧-7 プラハブラックライトシアター
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
『ファウスト』は、かのゲーテが書いた戯曲メモで、事前に内容を勉強して行ったにも関わらず、非常に難易度が高いお話落ち込み
それをパフォーマンスだけで表現しようというのだから、演じる方も、また、観る方も、それは大変なものだ。
悪魔ドクロと天使天使が登場し、哲学的かつ宗教的なジャンル(個人の見解です)として、苦手なカテゴリーに入れてしまいたくなる内容だが、それでも、予習の効果は多少なりともあった電球
もしそれを無しで劇を見るなんてことをしたら、チケット代の半分も楽しめなかったはずだと思う。

でもきっと話を知らなくても、黒い幕に覆われたステージ上を、ブラックライトの手法を取り入れた光の中を、人が飛ぶシーンはそれだけで奇抜で面白いし、な色彩豊かな舞台は、ちょっとしたショーを見ているかのようだった。
img20090501.jpg

立地も、地下鉄Mustekから徒歩5分と遠く無く、ほぼ中心地なので、一人旅、夜の観劇流れ星にはお奨めですよ。
ただし、座席指定でないので、劇場到着はお早めに。
1枚490czk 5.5円/czkなら、2,695円とかなりお得お金かも。
ALL COLOURS THEATRE http://www.blacktheatre.cz/homepage-en

いつの間にかGWですね・・・5月こそは・・・クローバー
猫 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ!
banner_br_mogura.gif


2009年04月12日21:41芸術三昧-6 プラハブラックライトシアター
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プラハの2日目の夜流れ星

昨日のオペラとうって変わって今日はブラックライトシアター『FAUST』だ。
迷ったあげく、プラハの夜3泊のうち、2泊も観劇に費やすことにしたのだった。
ここでも予約は、ネットボヘミアチケットボヘミアチケットで、ウェブチケットを持参すると窓口で交換できるからとっても便利。
つい最近まで、JCBやみゅうで予約していたのに、今はウェブで予約以外に考えられない程だ。

ここは基本的に自由席なので、イルカさんとは、早く着いた方が席取りをする約束をして、オペラ座の余韻に浸りつつ別れたのだった。

果たして、私は、開場の5分後に着くと、思ったよりも小さな劇場は、既に、8割方席が埋まっていた。
img20090412.jpg

昨日のオペラ座を思うと、そのこじんまり感が可愛く思えたが、天井の細工はさすがだと感心してしまう。

とはいえ、席の埋まり方の早さに、驚きつつ困った、後悔していると、既に到着していたイルカさんが私を見つけてくれた。
私はイルカさんのおかげで真中よりも随分と前の席に座ることができた。
img20090412_1.jpg

イルカさんに感謝拍手!!

いつの間にか桜が散ってました・・・花
猫 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ!
banner_br_mogura.gif


2009年03月17日12:18芸術三昧-5 プラハオペラ座
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
初めて見る『白鳥の湖』にうっとり・・・ドキドキ大
なんとなく、一瞬意識を失ってしまったZZZような気もしたが、前半はあっという間に終わってしまった。

幕間に、公演パンフレットを購入することにした。
全ページオールカラーのパンフレットの値段は、なんと40コルナ!
チェコが安いのは、チケットだけじゃなかった。
img20090319.jpg

パンフレットを片手に気分よく、座席に戻ると、左隣の席に座っていた品の良さそうなご婦人が話しかけて来た。
NYから来たという老夫婦は、インターコンチネンタルに10日間滞在するという。
尋ねられて、私の宿泊先を答えたものの、インターコンチに泊まる様なご夫婦が、私の宿泊先”AXAホテルビル”がピンと来なくて当然だ。
きっと、オペラを舞台正面で見るような私を★5つのホテルに泊まっているのでは、と思ったのだろう。

そのご婦人は、今回の主役の二人はNYでも有名なダンサーなのだとパンフレットを見ながら教えてくれた。
後半が益々楽しみになってきた。

img20090319_1.jpg

後半も、生バレエの迫力に圧倒されるままに、約二時間の超の公演は終わりを迎えた。やはり主役の二人が一番輝いて見えたキラキラ

スタンディングオベーションや、鳴り止まない拍手拍手
カーテンコールに応えて、何度も挨拶をしてくれた。

初日から迫力のある『白鳥の湖』鳥を鑑賞できて、明日からの芸術三昧の日々に期待が高まってきた。

こんなにブランクが開いてしまいました・・・すいません
猫 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ!banner_br_sakurabird.gif

2009年02月27日01:48芸術三昧-4 プラハオペラ座
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
開演7分前走る
やっとオペラ座に到着した。
写真から想像してたよりもコンパクトなそれは、思ったよりも過度な派手さキラキラは無いのが第一印象で、劇場らしい劇場だと感じた。
img20090227.jpg

ウェブパソコンチケットを提示して、1Fの席に向かった。
A4サイズの紙には、9列目215 850CZK と書いてある。 
その席は、舞台の正面が見える、今回の旅行では、一番良い席だ。
期待していた「白鳥の湖」を、こんなに良い席で、時差ぼけと戦いながら見ることになるとは、自分の体力と気力への挑戦だ力こぶ
何しろ、バレエを始めて一年半、週に1、2回程度のレッスンを受けてる私は、本格的なバレエ鑑賞は今回が初めてクラッカーなのだ。
私には跳べないジャンプ、私には回れないピルエット、私があこがれる肉体美をたっぷり堪能できるかと思うだけで、表情が緩むのが分かる音符
img20090227_1.jpg

振り向くと、斜め後ろにiruka魚さんが居た。
同じ頃に旅行の準備を始めて、チケットを予約したので、取れた席も近いのだ。
それに、一人の席というのは、稀に思いもがけない良い席が残っていたりすることがあるので、
これも一人旅の特権なんだと、両隣に座ったカップルを、うらやましく思わないことにした。

ああぁ、2月が終わりますが、今年の冬はいつだったの?と思うほどの気候ですね。もう紅梅のピンクが目立つようになってきました
猫 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ!
banner_br_choco.gif


2009年02月09日00:03芸術三昧-3 プラハオペラ座
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
一人旅なのに一人でないという安堵感+お店のゆったりとした雰囲気に、二日目にして、私はプラハのカフェですっかり落ち着いてしまった。

美味しいビールジョッキと料理を味わいつつ、irukaさんと、お互いのチェコでの過ごし方を話しあう。
irukaさんとは、チェコでは、プラハ⇒チェスキークルムロフというルートが一緒だ。
舞台鑑賞好きの二人は、明日の夜もブラックライトシアターで、芸術三昧第二夜を一緒に過ごすことを決めていて、チケットは二人ともネットパソコンで購入済だ。

今までの私の数少ない海外旅行で、4人で一緒にバリに行き、連日現地集合現地解散というプランはあったが、現地で気のあった人と、気のあったものを見て一緒に過ごすというのは、初体験びっくり
一人旅で寂しい食事タイム料理を、楽しい時間笑顔にできるのが、その最大のおまけだと思う。

いつの間にか時計は18時半を回って、開演20分前。
いくらここから目と鼻の先の距離とはいえ、少しゆっくりし過ぎたようだ。
少し無愛想な店員さんに社会主義国だった過去を見出しつつ、手早く精算をできることを期待しちゃいけないと言い聞かせた。

ヴァーツラフ広場からまっすぐに伸びる道を、国立博物館Narodni muzeumまで直進し、その前を左折するとそこがオペラ座譜面だ。
国立博物館の前まで来て、車の通りが激しい道路の向こうにあるオペラ座に行くには、信号信号待ちを二回する以外には無いように思えた。
img20090209.jpg

時計をちらりとみつつ、irukaさんと二人で信号信号待ちを我慢する。青の表示とともに、信号を渡り、オペラ座へ続く芝生を歩きだすと、警備員宇宙人らしき人に止められた。
『えっ、なんではてな』って思ってると、方向転換をしろ、のジェスチャーにしか見えないしぐさ。
その先には、道路の向こう側を、オペラ座に向かって歩く人たちの列足跡が見える。

オペラ座への唯一に思えた道は、近道でもなんでもなかった。
オペラ座には、その向かいの地下道をくぐって行くルートが唯一の入場ルートだったのだ。
まさしく”急がば回れ”落ち込み
この時に、私の腕時計は、開演時間10分を切っていた。

早いものでもう二月です。楽しみは逆チョコ?!
猫 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ!
banner_br_choco.gif