◎East Timor

2013年01月24日21:47東ティモール再び5 最後の夜
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
昨年昨年の秋から延べ約1か月半の出張最後の夜。
もう二度とここには来ることがないかもしれない、
と思うと、この景色がいつにもまして心に残る。
DSC00709-1
この店は、昨年の秋、初めて東ティモールに来た日の夜に来たレストランだ。
初日の時にはまさかこんな大変な出張になるとは思いもしなかったが、
病気もけがもすることなく、ミッションを終えて、
無事に今日を迎えられることが素直に嬉しい。

縁があってこの国に来た 。
私たちのやった仕事が、何かしらこの国の発展に役立てばもっと嬉しい。 


2013年01月23日22:15東ティモール再び4 一番の働きモノ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
東ティモールは雨季にも関わらず今日も良い天気
今週に入ってからは、なぜかスコールに遭うことがない。
こんな良い気候で育った東ティモール人の気質が、穏やかなのは納得だ。
厳しい冬の寒さなんて経験したことないのだから。
仕事の合間に休んでいるのか、休みの合間に仕事しているのか、果たして・・・。
NCM_0323-1

東ティモール一番の働き者はきっとこの子達だろう。
日中の炎天下の中、せっせと蜜を取るために、花から花へと飛び交い、
東ティモール特産の蜂蜜を作っている。
働き蜂は、東ティモールでもやっぱり働いている。
DSC00694




2013年01月22日22:43東ティモール再び3 東ティモールで一番ホットな店
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
東ティモールで一番新しい店が並ぶティモールプラザに、行列ができる店がある。
まさしく今一番ホットな店とは、 アイスクリーム屋である!
日本でもよく見る盛りに盛ったアイスクリームが並び、客も並ぶ。

DSC00675
昨年秋には、まだ準備中だったため、実際に目にするのは今回が初めてだ。
帰る前には一度食べておかねばと、職業柄リサーチは欠かさないが、
一大イベントであるセミナーが無事に終わった祝杯ならぬ祝アイスクリームで、
やっと食べる機会がやってきた。

居並ぶアイスクリームの前に立ち、色とりどりのアイスクリームに目を移していると、
店のおじさんが、小さなスプーンでティラミスをすくって差し出してくれた。
目は口ほどに、というが、私の目の動きで分るのだろう、私の心の揺れ動きが。
ピスタチオ、ラムレーズンと勧められるまま試食した結果、
結局ピスタチオとアップルパイのwカップ$3.5にした。
DSC00673
 
見た目はいける
なんて思ってると、乳成分が多いのか、暑いからなのか、どんどん溶けてくる 

ピスタチオとアップルパイは両方ともクリーム系なので、
なんとなく味は似ているような気がするが、
アップルパイはたぶん生まれて初めて食べたので、満足度が高い
決してアップルパイの味が濃く抜群に美味しい訳ではない。
間違いなく31ほど甘ったるくもなく、ジェラートほどさっぱりでもなく、ティモールっぽい味、かな。

雨季に入っているというのに、今日はまったく雨が降らない。
こんな暑い日には、一段とアイスの美味しさが体に染みる

2013年01月19日01:19東ティモール再び2 意外なピザ屋
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
連日仕事が忙しく、食べ物以外に目新しいものがありません。

今日はピザを 食べた。
なんとハーフ&ハーフができると店だという話を聞いて行ってみたところ、
その話の通りメニューリストにはそれが載っていた。
試しにと、はずれがなさそうな、シーフードと店のスペシャルをハーフ&ハーフで頼んでみた。

待つこと15分くらい(たぶん)。
他に客はいないし、数人がキッチンで作業しているのに、なんでこんなに待つのだろう。
ここでは待つことを覚えたけれど、焦らずにピザを待つのは、なかなか難しい。

待って、待ってやっとできたピザは、生地がサクサクしてる、ちょっと不思議な食感だけど、
味は結構いける
機会があれば、もう一回くらいは食べに来てもいいかな。
値段は、安くないけれど、
ここが東ティモールであることを忘れる効果もついてくる!
(ちなみに、Lサイズ15ドル、Mサイズ12ドル、Sサイズ9ドル)
DSC00633

この店のサービスの意外さは、ハーフ&ハーフだけではない。
なんと、デリバリーも10ドル以上からやってると、壁に書かれている。
晴れている今日は暇だけど、日本と同じく雨の日は忙しいのだろうか?

東ティモールでは、雨でも傘をさしてる人はほとんどいない。
雨宿りか、雨をなかったことのように無視する人が大半である。
ここの国民性なら、雨の日の売上は期待できないに違いない。

2013年01月14日20:02東ティモール再び1 成長途上
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
二か月ぶりに東ティモールにやってきた
雨季に入って、土砂降りの日が続いている、という話だったが、
入国日は幸い晴れていた。
我ながら晴れ女パワー全開である。

UNが帰国して、東ティモール政府による自治が始まって二週間足らず。
特に変わった様子はない。
UNが残していったという車はあちこちで見られるし、治安も依然と変わらないようだ。
ホテルから一番近い行きつけだったスーパーのティモールプラザに行ってみると、
空き店舗が埋まり始めていた。
それもアイスクリーム屋とクレープ屋である。
嗜好品の店ができているというのは、豊かな国になりつつあるのかと思ってしまう。

毎度のことだが、スーパーでの買い物は限られた品ぞろえから、
なんとか自分の好みを合わせて選ぶしかない。
ポイントは、日替わりで棚に並ぶものが変わるので、ある時に買うしかない。
その中で今回は、TimTamを見つけた。
それも、チーズ味0.9ドル、チョコレート1ドルと、
オーストラリアよりもなんでか安い!!
ちょっとチョコレートコーティングがとけてはげかかっているが、味はこんなものかと。
特にチーズ味美味しい
今度のお土産はこれにしよう。
もちろんティモール産ではありません。

DSC00618

ティモールプラザの裏手には映画館ができていた。
一人8ドルのところ只今キャンペーン期間につき、二人で8ドルとのこと。
上映されているのはインド映画が中心らしいが、
ハリウッド映画や、東ティモールの独立を描いた映画の予告編が流されていた。
どうやらこの独立映画は東京映画祭でも上映されたらしいので、
うまく話題になれば、東ティモールの知名度アップに貢献しそうだ。