2012年10月

2012年10月27日15:27東ティモール4 リゾートホテルに泊まってます
PermalinkComments(0)TrackBack(0)◎East Timor 
今回私たちが泊まったのは、いわゆる町の中心地からははずれたリゾートホテル。
現地の旅行会社がいうには、今は東ティモールのホテルが混んでいるらしく、空港からは近いものの、中心地から離れた、リゾートホテルになった。
Excelsior Resortは、中国系のホテルらしく、まだできて間もないという。

新しいホテルらしく、設備は全体的にきれいで、外観、フロント、部屋、どれも意外性の連続。
まさか東ティモールでいわゆる”リゾートホテル”に泊まれるだなんて思ってもみなかったのだから。
DSC00041

ここに、約3週間滞在するうちの、約2週間を過ごすことになる。
ランドリーサービス、キッチンがないため、長期の滞在には不向きだけれど、なんといってもインターネットがつながりやすいのが最大の利点だ。
外務省や、他のホテルの話を聞いても、どこよりもつながる様な感じなのだ。
といっても、個人的なイメージでは、電話回線だったころのスピードだけれども、一応Wi‐fiとあるのだから、進んでいるのかも。
日本のホテルでもWi‐fi入ってないところは、まだまだあるしなぁ。
DSC00040



2012年10月25日22:03東ティモール3 乾季から雨季へ
PermalinkComments(2)TrackBack(0)◎East Timor 
東ティモールは、今は丁度乾季から雨季への移行期に当たります。

11月から雨季に入るそうで、10月末の今の時期は、
河川らしきものには、川底が見えるどころか、水が一滴もありません。
DSC00038

乾季の間に工事を済ませるのか、乾いた河川に、重機が入って何やら工事の最中の様子。

私たちよりも先に、8月に来ていた別のチームの人の話では、
前回は暑くても汗をかかずに快適に過ごせたのに、
雨季が近いせいか、今は、じんわり汗をかく位には湿度が上がっているのだという。

汗が止まらない猛暑日や寝苦しい熱帯夜を経験していれば、
赤道付近にも関わらずここの快適さは、にわかには信じがたい。

百聞は一見にしかず!

2012年10月22日23:00東ティモール2 大臣に謁見
PermalinkComments(0)TrackBack(0)◎East Timor 
現地での仕事初日。いよいよっ、と緊張が高まる。
それもそのはず、いきなり朝一から外務大臣に表敬訪問することが決まり、
外務省に行くことになったのだ。
チームメンバー2人のうちのベテランの方がいうには、小さい国のプロジェクトならではの、特権だという。

外務省は、瀟洒な建物で、ながめの良い海沿いに建っていた。
なんでも中国政府の協力によるものらしく、どことなくそんな雰囲気が漂っている。
DSC00064
日本の外務省に比べると、なんといっても出入りが自由なのが驚きだ。
日本ならば、本人確認、赤外線チェック、と入るまでに5分はかかるのに、
ここでは、まるでホテルに入るかのように、出入りはノーチェックなのだから。

この日は、外務大臣の謁見に始まり、国務長官の表敬訪問、政府担当者との打ち合わせ、など、
当然のことながらすべて英語。
公用語ではなく、発音に特徴があるため、聞き取りにくい部分がある。
こんな生活毎日したら、ヒアリング力があがること間違いなしだ。

2012年10月21日22:06東ティモール1 無事到着
PermalinkComments(0)TrackBack(0)◎East Timor 
10月20日深夜1時、羽田発ガルーダ航空にて、まずはバリ島デンパサールに向かう。
今回は3人の調査チームだが、一番若いわたしだけエコノミー席。
運が良いことに隣の席が空いていたので、2席使って、横になって寝ることができた。

バリ島着は、朝7時。
たった4時間のトランジットにも関わらずVISA25ドルを支払ってインドネシアに入国した。
すぐさま再び、出国手続きをし、空港で時間を潰す。
あまりの退屈さに、一旦出国したものの、係員に御願いして、外にでる許可をもらって、
15分の短い外のバリの滞在を楽しんだ。

バリ島発11時20分メルパチ航空にて、いよいよディリに向かう。
機内は3×2の狭さで、ほぼ満席。
飛び交う知らない国の言葉たちに一気に国際色が豊かな空気に包まれた。

13時、チモール空港着。
乾いた赤土の上に、こじんまりとしたかわいい空港が乗っているような感じだ。
ここでもしっかりVISA30ドルを支払わされた。

迎えのジャンさんらとともにホテルに向かう。
15分ほどの移動時間の中、現地の生活を垣間見た。
DSC00042



2012年10月19日09:42初海外出張
PermalinkComments(0)TrackBack(0)◎East Timor 
今回JICAの専門家として、
明日の夜から東ティモールに行くことになった。

初海外出張に加え、
投資、産業開発の専門家として、
行くことに、かなり不安だらけ。
でも、頂いた機会なので、120%頑張ります