2011年05月

2011年05月03日12:07ウルルと風の谷ツアー3 in Ayers Rock
PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪Australia 

ツアーに組み込まれているのは、第一展望台までのウォーキングコース
バスを降りると、私たちはガイドさんを先頭にして、なんとなく隊列を組んだ。

大きな岩山、照りつける太陽、赤い土、地平線、それと顔の周りを飛び交うハエ達。
さすがの私も、ガイドさん無しでは一人で来ようとは思わない。
雲一つない空の元、水と帽子は必需品だ。
でも、暑さよりも、キツカッタのはハエだ。
うわさには聞いていたが、サングラスが、日差しとハエから守ってくれた。

ウルル4

ガイドさんを先頭に、緩やかなのぼり坂を、目的地である第一の砦を目指して歩き出した
木と岩と土ばかりが続く道に、時折、とかげが顔を出す。
日本で遭ったら、決して自分から近寄ることはないだろうに、この時ばかりは、カメラを持って近づいた。
ガイドさんが言うには、トカゲは日光浴が好きな生き物なので、こうして、岩の上や、アスファルトに出現することがあるのだという。

 

ウルル5

空と岩のコントラストを見ながら、歩くこと約20分。
第一展望台についたときには、うっすらと汗をかいていた。
展望台といっても、囲まれた望遠スペースがあるわけではない。
少し小高くなっている辺りを言う様だ。
谷を吹き抜ける風が気持ち良く、時折、風の音が聞こえてくる。
ここが“風の谷”といわれる所以が分かる気がする。

待ちに待った自由時間。
バスまで戻る時間を計算すると残り時間は多くないけれど、これを利用して、第二展望台につながる道を歩いてみることにした。


第一展望台までの道に比べて、岩だらけの細い道は、足場が良いとは言えないが、貴重な時間を思うと、自然と歩幅が大きくなり、スピードも上がってくる。
進むに連れて、同じような岩が並ぶカタジュタの風景が少しずつ変わってきた。
ウルル6

第二展望台に着けることなく、残念ながら、ここで時間切れ。
この岩の向こうに何があるんだろう。
岩の中にあるものへの興味が更に増して来た。

次に来るときは、一日かけて歩きまわってみたいエリアだ


オーストラリアは今頃秋ですね。

気に入ってくれたらブログランキングのクリックお願いします!↓↓↓
banner_br_hanataba