2009年07月

2009年07月31日05:03検索ワードは”パリ アパルトマン 短期”
PermalinkComments(0)TrackBack(0)★Planning of France 
かつて無いほど、航空券飛行機の購入に時間と労力を掛けてしまったが、アパルトマンはそれほど問題が無いと期待していた。
何しろ、パリのアパルトマンは二回目だし、友だちと二人で予約する分、リーズナブルにパリジェンヌ服気分を味わえるに違いない。

パリ以外で、現地で部屋貸しをしているアパートに泊まるのは、昨年のブタペストに続いて、今回は3度目になる。
それでも、一人でなく二人で、それも一週間という長期間一緒に暮らすという初めての体験に、どきどきドキドキ大、わくわくキラキラを抑えられず、考えるだけで顔が緩んできてしまう笑顔

まずは、信頼が置けそうで、価格が高くないアパルトマンのサイトパソコンを探すことにした。
7年前の初パリでは、ネットで宿泊予約ができるアパルトマンはほとんどなく、しかも、短期滞在のビジネスマンカバン向けでない良心的な価格のところが少なかったため、迷うほどの選択肢がなく、すんなり決まった。
今思うと、初一人旅で、料金・設備等、自分の勘が外れなかったことに感謝、感謝ラブ

それから7年後の今、”パリ アパルトマン 短期”でgoogle検索すると、うんざりする程の検索結果だ落ち込み
一度利用している7年前のサイトが見つかれば一番良いのだが、やり取りのメールが残っていない中で、あいまいな記憶だけを頼りにして、山のような検索リストから見つかるだろうという幸運なことは早々に諦めていた。

その中から選んだのは、その名も「パリの部屋」http://paris.likako-uto.com
というサイトである。
第一に信頼できるかが基準だったが、昨年のブタペストの経験から女性リボンの管理者は、女性向けのサービスを良く知っていて安心できる確率が高いと思って、選んだ。

その次の決め手は、物件と値段お金だった。
7年前に借りたマレ地区のアパルトマンは、一人で住むには十二分な広さで、一人旅には少々割高だった記憶がある。
その点、このサイトは、セーヌ川を挟んだエリアに、二人用の物件が多く、しかも、パリらしい可愛い花内装の部屋の料金お金がお手ごろだった。

ただ問題があるとすれば、予約受付の開始が二ヶ月前から、だということだ。
9月のシルバーウィークに、希望の物件に空きがあるのかしらはてな
どんなに良い物件でも予約できなければそれまでだと、ここまで来て気づいた電球
友だちから物件の選定を任されている以上、無事に予約できるまでは、気がかりな日々が続きそうな予感がする落ち込み

初富士登山の企画は、週末の雨に中止を余儀なくされました悲しい
初登山で夜を徹して登り、御来光を見るという強行ツアーを企画し、グッズを揃え、体力をつけて準備をしていたものの、たびはやはり”安全第一”ですOK

猫 気に入ってくれたらブログランキングのクリックお願いします!↓↓↓
br_banner_kingyo.gif


2009年07月26日23:07ついにJTBがマントを脱いだ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)★Planning of France 
ついに・・・
JTBからのメールメールに、やっと手ごたえを得ることができた。

つまり、パリのシャルルドゴール空港からマルセイユまで、一番早い乗り継ぎ便飛行機で行けるようになるというのだ。変更手数料無料で。

メールによると、『社内調整をし、2社間で協議をした結果』だという。
しかし、突然手の平を返したような対応の変化はなぜ・・・はてな
執念が岩をも通したというのに、なぜか釈然としないのだ落ち込み
今まで、頑なまでにNO!ダメという態度を変えなかったというのに。

まさか私のこのマイナーなブログを突き止めた訳では無いと思うが、思い当たるのは、『JTBの対応について周知し注意を促したい』、というような最後通告のような記述を、前回のメールメールで最後に書き加えたこと位だ。

私は、当初は、イソップ物語さながら、”太陽太陽”になって、旅人のマントを脱がすつもりだった。
それなのに、ついに前回のメールでは暴風を巻き起こす”北風”に化身してしまったのだった。それが、頑なにマントで身を守っていたJTBの手を緩めたのだろうかはてな

いや、逆イソップではなく、真摯にミスを反省し、サービス向上に努める姿勢を持ち直して、自分からマントを脱いでくれたのだと思いたい。

”JTB”というブランドを信じたい気持ちもあるし、
旅行好きの私が、次の旅行を計画するときに、旅行会社の選択肢が、一つ減ってしまうのは、とても悲しいことだから。

梅雨明けしたのでしょうか・・・?花火の本格シーズンまでには明けてください汗
猫 気に入ってくれたらブログランキングのクリックお願いします!↓↓↓
br_banner_kingyo.gif


2009年07月20日19:43JTBというブランドの崩壊?!
PermalinkComments(0)TrackBack(0)★Planning of France 
JTBから来た返事メールはやっぱりNO!
回りくどいこれでもかという丁寧な言い回しを並べて、私からの申し出を拒否しているのだ。

拒否の理由はこうだ。
ビル『今申込みをしているのは、オンラインパソコン販売店舗で、お客様が電話携帯をした「i.JTB HTA販売センター(海外専用デスク)」とは、店舗が異なるから、その案内ミスは当店のミスではありません』
と言うのだ。

更には、
ビル『あくまでオンラインパソコンでの予約ということは、予約完了前に画面上にある利用条件を理解して了承頂いているはずである。だから、その条件に従うべきだ』
つまり、私が懸念していたワイルドカードダメを使われた回答ドクロだった。

しかしながら、そのワイルドカードを踏まえた上で、サイト上の利用条件が分かりにくかったから、私はそこに記載されていた電話番号に問い合わせしたのに、そこで間違った案内を受けて、その内容を信じた私が悪い、と言わんばかりの内容だ。

今回、①エールフランスのルール変更ついてのJTBからの案内不備、更には、②事前問い合わせについての案内違いという、JTBを選択したことによって、私は2つの不幸に見舞われている。
JTBは電話の案内ミスを認めているにも関わらず、一方的に私の方の責任を指摘するやり方に、私の中の『J・T・B』というブランドキラキラが、ガラガラ、ガラガラ崩れ落ちる音が聞こえたかのようだった。

変更手数料が無料にならないことに怒り怒を感じるというより、責任転嫁のオンパレードの言い訳メールでは、このままやり取りを終えることはできない。
電話で直接問い合わせようにも、その電話番号がサイトパソコンにも、メールメールにも、どこにも案内されて無いのが悔しい落ち込み

納得できる回答が欲しいびっくり
とただ思い、またJTBへ何度目かのメールメールを書いたのだった。

チケットの次は、パリのアパルトマン探しです食パン
猫 気に入ってくれたらブログランキングのクリックお願いします!↓↓↓
br_banner_kingyo.gif


2009年07月18日05:58サイトの記載が分かりにくくて
PermalinkComments(0)TrackBack(0)★Planning of France 
10万円お金以上の買い物をネットで買ったことがある人がどれくらいいるのだろうかはてな

私は今回航空券の買い物が初めてだったので、例えJTBでも、いや、JTBだからこそ不安があった。
何しろ、サイト上の申し込み画面パソコンは、免責事項のオンパレードなのだから。
なので、サイトから申込みをしようとした日に、申込み画面にあった問い合わせ先に、幾つかの質問と一緒に、ネットで申し込んだ後の、購入のタイミングと変更可能期間についても電話携帯で訊ねていたのだ。

電話携帯に出た男性に、旅行日、時間、行き先、サイト上の金額を、詳細に伝えたところ、
にっこり『このチケットの場合、出発日の100日前に発券されるので、9月下旬の出発日ならば、ネットで申し込むと、そのままカード決済されますが、実際の発券は5月中旬以降になります。それまで一月ほど猶予があるので、その間なら変更も無料OKで可能です』、
という話だった。
店舗の場合でも同様、という話だったので、手間等を考えて、ネット申込みを選択したという過程があった。

それを思い出したので、その旨をJTBにメールメールすることにした。
どちらが正しくても、JTBから異なる2つのコメントが出ている以上、どちらかに間違いがあることは、間違いは無いのだからはてなびっくり

いよいよ二ヵ月後にはパリ~花
猫 気に入ってくれたらブログランキングのクリックお願いします!↓↓↓
br_banner_kingyo.gif


2009年07月16日00:35無料変更区間は、パリ/オルリー空港~マルセイユに限ります
PermalinkComments(0)TrackBack(0)★Planning of France 
6:30 パリ/オルリー空港~マルセイユ を、
7:15 パリ/シャルルドゴール国際空港~マルイセイユ、
に変更して欲しいというメールメールを送っていたが、それに対するJTBからの返事メールNOびっくり困った

正確には、JTBからエールフランスに問い合わせたが、この変更が区間変更になるため、無料で変更ができないという回答の内容だった。
つまり、無料による変更は、パリ/オルリー空港~マルセイユ間の便に限るというのだ。

・・・残念ながら、私は、その理屈を理解できないほど、子供では無い。
しかし、一番最短で着けると思っていた便飛行機に申し込んだら、変更してくれと言われ、
では現時点でマルセイユに一番早く着く便飛行機に申し込みたいと言ったら、無料お金での変更はできないと言う。
しかも、今後変更したい場合には、JTBを介さずに、エールフランスと直接やり取りをして欲しいというのだ。
私の都合で変更をしているわけではないのに、釈然としない・・・落ち込み

やり場の無い思いを抱えてもんもんドクロとしていると、JTBに申し込む際に電話携帯で問い合わせをした内容を思い出した。

東京は暑い汗です・・・パリも暑い太陽のでしょうか・・・クジラ
猫 気に入ってくれたらブログランキングのクリックお願いします!↓↓↓
br_banner_kingyo.gif