2007年09月

2007年09月26日06:29ちょっと休憩{ハイビスカス}
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
週に一回程度しか更新しないくせに”休憩”も何も無いのですが、
一つの旅行記が終わらないまま、次の旅行に行って帰ってきてしまっているツケが来てるなと感じています。

南イタリア旅行記はカプリ島で止まったまま、
スペイン旅行記は、絶景編まで来てたった二回、
そして、トルコに至っては、さてどっから書こうか・・・
書くネタが山朝日ほどあるにはあるのですが、
正直、自分の遅筆メモをうらめしく思っています。

食欲の秋にちなんで(?)、”美味しいもの”料理をテーマにしてみようかしら。
カプリの人気店のウニパスタラーメン、バルセロナのイカ墨パエリアごはん、イスタンブールの鯖パン食パン・・・と、各国数あれど、
スペインの絶景編をもうちょっと書いてみたい気もしています。

なぜか、ランキング好調。読者様のためにも頑張りますラブ
ペンギン 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ!帽子サボテンキラキラ

2007年09月16日22:24トルコの素晴らしいもの
PermalinkComments(2)TrackBack(0)♪Turkey 
それは、9つもある世界遺産でもなく、アジアとヨーロッパにまたがるイスタンブールでもなく、世界三大に数えられる料理でもなく、
ずばり、その国民性キラキラなのではないだろうか。

トルコ人について、『親日家』だの、『日本人の女性が好き』だの、という話は聞いていた。
母と一緒にいても、『明日は暇?』と気軽にデートに誘われたし、
ガイドブックを開いて、バス停バスの標識とにらめっこしていると、『英語は話せる?』と英語で話しかけくれて、バスの乗り継ぎ方を教えてくれたり、『一緒に写真を撮ろう』と言われたこともあった。
でもその話以上の素敵な国民性を感じたのは、イスタンブールでのフリータイムの日のこと。

母は今年還暦になったばかりだった。
といっても、いつも忙しくしている母は、私から見てもそうは見えず、トルコ人が見たら、それ以上に若く見えるはずだ、と思っていた。
その母と、市内に観光に、バスバスや、電車電車に乗ると、必ずと言っていいほど、席を譲ってくれた。
『年相応に見られているのか』、と、母は少なからずショックを受けていたようだったが落ち込み
それ以上に、その国民性に、かつての日本人が持っていたであろう美徳に、私達は驚き、感動~ドキドキ大
最初は母のためにタクシーを利用するつもりでいたが、国民性を垣間見るという思わぬ収穫キラキラに、これだからバスバスや電車電車に乗るのは止められないのだった。

親トルコ家という言葉があるなら、日本人はそうなること間違い無しだと思う。
少なくとも、私達親子は、すっかりトルコ人の国民性に感動し、心と弱った胃腸がすっかり癒されてしまった。
日本に帰ったら、私も進んで席を譲る人間になろうと心に決めたのだったリボン

皆様のおかげでランキング上昇中ですラブ
ペンギン 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ!帽子サボテンキラキラ

2007年09月11日00:20トルコツアーの内容は
PermalinkComments(2)TrackBack(0)★Planning of Turkey 
旅行記メモに入る前に、
今回のツアー『イスタンブールの5つ星ホテルに泊まる!!オスマンの誘惑・トルコ幻想紀行9日間!』の全容です。
多少事前情報と違ってましたが、あの値段お金ならまぁ納得です笑顔

初日 自宅発5:00 
名古屋発(9:50)コリアンエアー飛行機にて、ソウル経由でイスタンブールへ。
(Grand Anka Hotel泊)

2日目 ホテル発8:00 
マルマラ海沿岸を西進し、ダーダネルス海峡をフェリー船で渡り、トロイへ。
トロイ遺跡観光後、エーゲ海のリゾート地アイワルクへ
(Kalif Hotel Ayvalik泊)

3日目 ホテル発8:00 
ペルガモン王国の首都ペルガモン遺跡観光の後、古代都市エフェソス観光。
その後、パムッカレへ移動し、明朝の予定を繰り上げ、夕方夕日から夜にかけて観光。
(Villa Lycus Hotel Pamukkale泊)

4日目 ホテル発8:30 
セルジュク・トルコの首都コンヤでメヴラナ博物館観光後、
シルクロード沿いに残るスルタンハヌのキャラバンサライ(隊商宿)を見学しながらカッパドキアへ。
途中、革製品の店へ立ち寄り。
(Altinoz Hotel泊)

5日目 ホテル発8:00 
終日カッパドキア観光(奇妙な岩が立ち並ぶギョレメ野外博物館、地下都市カイマクル、眺めの良いギョレメの谷、ウチヒサール、パシャバー、デヴレント)
途中、トルコ石、じゅうたん、陶磁器、ワインの店へ立ち寄り。
夜は、OPのベリーダンスのディナーショーダンス
(Altinoz Hotel泊)

6日目
ホテル発8:00 巨大塩湖トゥズ湖を見物しながらアンカラへ。
アンカラ市内観光(残念ながら、アタトゥルク霊廟には、大統領の就任と勝利の日が重なり入れず、代わりに巨大ショッピングモールでウィンドウショッピング)
寝台列車アンカラエクスプレス電車(22:30発)でイスタンブールへ
(車中泊)

7日目
イスタンブール着8:00 アジア側からフェリー船に乗り、旧市街へ。
着後、イスタンブール市内観光(トプカプ宮殿、アヤ・ソフィヤ、ブルーモスク、グランドバザール散策)
夕方からはフリータイム
市内を散策し、ライトアップアップされたモスクの見えるレストランで食事グラス
(Akgun Hotel泊)

8日目
終日フリータイム
ボスフォラス海峡をフェリー船で北上し、ルーメリ・カヴァーウで下船。
海の見えるレストランで食事をし、バスバスを乗り継いで、タクシム広場に辿り付く。
エジプシャンバザールでお土産プレゼントを買って、ホテルへ。
夜:イスタンブール発(21:20)コリアンエアー飛行機にて、ソウル経由
(機中泊)

9日目
コリアンエアー飛行機にて、ソウル経由(13:10着18:50発)
中部国際空港着(20:20頃)、帰宅23:30

トルコの素晴らしいもの、それは・・・ハート
ペンギン 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ!帽子サボテンキラキラ

2007年09月02日21:05灼熱のトルコから無事帰国しました!
PermalinkComments(3)TrackBack(0)★Planning of Turkey 
行って来ます、という前に、帰って来てしまいました・・・飛行機

慌しく旅立ち、連日ピーカン灼熱の太陽のトルコを乗り切り、
途中で親子揃ってお腹を壊してしまったもののドクロ
なんとか無事に帰って来ました笑顔

私がトルコに居る間に、国のトップが交代し、
勝利の日というトルコ人にとって特別な日にイスタンブールに滞在し、
なんと山火事にまで遭遇しました。

帰国してからトルコ航空飛行機がハイジャックされたという話を聞き、
それには遭遇しなくてほんとによかったよかったまる

スペイン編と合わせてトルコ編も、少しづつUPして行きますメモ

帰って来たら日本はすっかり秋でした犬
ペンギン 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ!帽子サボテンキラキラ