2007年01月

2007年01月31日00:25芸術家達の情熱!-10 グエル公園1
PermalinkComments(2)TrackBack(0)♪Barcelona 
ガウディ作品を再び訪れたのはバルセロナ最終日、つまりスペイン旅行の最終日。
二日目は丸一日バルセロナ郊外のスポットに出かけていたため、最終日に慌てて回ることになってしまった走る

朝一に向かったのは、サグラダファミリアの次に多分有名なグエル公園びっくり
img20070131.jpg

バルセロナ市内の中でも少し離れたところにあるここは、最寄の駅からも徒歩15分という観光の難所だ困った
なんといっても私は地図無しでは歩けない結構な方向音痴なのだ・・

グエル公園はLesseps駅とVallcarca駅のほぼ中心にあって、ガイドブックではLesseps駅からの道順が示してあった。
ただ詳しい地図はなく、15分の距離を不安に思ってる私に、ドミトリーの女主人yumiさんが、
『Vallcarca駅で降りると、すぐに上りのエスカレーターがあるからそれで丘の上まで上っていけるから楽だよ。帰りは逆にLesseps駅に向かって歩くと下り坂になってるよ』
と教えてくれた鐘笑い
これなら無事にたどり着けそうだと、私は地図を片手に、Vallcarca駅の方で降りた。

ところが、期待を持って地下鉄を上がると、エスカレーターのような目印はどこにも見当たらない・・・困った
あるのは小さな看板一つ。
遠くに見える丘の方向に向かって歩くしかなさそうだ。

後から考えてみれば、駅に戻って違う出口から出直すのが、正解だったのだが、このときはなんとか辿りつける変な自信がなぜかあった。
もちろん後で大後悔をすることになる・・・ドクロ

グエル公園にもガウディの才能が光ってますキラキラ
ペンギン 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ!100位内を再び目指します⇒猫りんごバラ

2007年01月16日03:25芸術家達の情熱!-9 夜のモデルニスモツアー
PermalinkComments(4)TrackBack(0)♪Barcelona 
ガウディといえば”サグラダファミリア”が代名詞だけど、バルセロナでは、ガウディの作品が点在していて、サグラダファミリアはちょっと中心地から離れたところにある。
実は初日にまず向かったのはそのサグラダファミリアではなく、中心地にまとまって立つガウディなどのモデルニスモ建築と言われる芸術的な作品達の方だった。

最初はカサ・ミラ。大通りの角地に建つこの奇抜なマンションは、今でも住居用に使用されているという世界遺産だ。
さすが、ガウディの代表作だけあって、ライトアップがされていて、観光客もちらほら。
img20070116.jpg

中身がと~っても気になる概観だけど、当然夜は勝手に入れるはずもなく、居住者以外は、黒服のお姉さまが入り口を見張っては、私に様な観光客を追い返していた。

次は、カサ・ミラから徒歩数分のラス・プンシャス集合住宅。とはいっても今は個人の住宅だそうだ。カダファルクという建築家の作品で、夜来るもの好きな観光客私以外にはいないようだった。
img20070116_1.jpg

普通の居住用住宅だし、ガウディと違って少し大人し目な印象だ。
車通りのある一般通にぽつんと建っているので、写真を撮るのに一苦労・・・。車どおりの少ないタイミングを見計らって中央分離帯から撮ってみた。

最後はやっぱり世界遺産のカサ・バトリョ。そして隣に立つのはカダファルク建築によるカサ・アマトリェー。
img20070116_2.jpg
ここも大通りに面している上、地下鉄の出入り口になっているので、人通りも観光客もにぎやか。皆、写真を撮ったり、モデルニスモ建築について語りあっているのか、絶好の撮影スポットを陣取るのに粘ること数分。
img20070116_3.jpg

『骨の家』と表現されるのも納得だ。ここも当然公開時間は既に終わっていて、ガウディを本格的に楽しむのはまた明日、かなラブ
バルセロナの夜は長いけど、滞在が3泊だなんて短すぎたなぁと、初日からいきなり後悔していた。

バルセロナの夜流れ星って昼以上にとっても素敵です
ペンギン 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ!100位圏内で検討中です⇒猫りんごバラ

2007年01月08日13:30芸術家達の情熱!-8 サグラダファミリア7
PermalinkComments(2)TrackBack(0)♪Barcelona 
夜のサグラダファミリアは、昼間とはまた違う輝きがある。
教会だから神々しいのは当たり前なのだけど、昼間の観光気分はどっかに行ってしまった。
{img20061230.jpg


昼間はただただその大きさに圧倒されていたのに、
夜の方が人もまばらなせいか、それとも私が慣れてきたのか、落ち着いて見ることができた。
高い柵が、近寄りがたい雰囲気を更に際立たせていた。
(もちろん中には入れません)
img20061230_1.jpg


昼間見た時は直線的な受難の門は少し物足りなく感じたのに、夜の闇とライトの下では、誕生の門よりも神々しく感じた。
これもガウディのマジックかと思うくらいの素晴らしさ。

昼も夜も堪能させてくれたガウディとサグラダファミリアの建設に関わった人々にただただ感謝をして、自然と手を合わせていた。

バルセロナの夜に辿り付くまでこんなに時間がかかってしまいましたすいません
・・・今年は週1以上の更新を目標に(ちなみに昨年は74件UPしました)頑張りますので、ご愛顧の程お願い申し上げます朝日

ペンギン 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ⇒猫りんごバラ