2006年12月

2006年12月17日20:53芸術家達の情熱!-7 サグラダファミリア6
PermalinkComments(2)TrackBack(0)♪Barcelona 
今度こそはびっくり
と覚悟を決めて受難の門側のエレベーター乗り場の列に並ぶ走る
美術館に入る前と比べて、列がぐ~んと短くなり、15分くらい待てば乗れそうな感じ。
それならエレベーターの搭乗締め切りに滑り込めそうだ。
いつの間にかサグラダファミリアの閉門時間まで一時間を切っていた。

途中で椅子に座ることができたので、サグラダファリアを歩き回った足を休ませることができたのは嬉しかった笑い
待つこと15分。
誕生の門と同じく2ユーロを払ってエレベーターは上へと上って行く。
エレベーターの扉の向こうにあるのは、今度はどんな風景かしらはてな

待っていたのは山に沈む夕日とオレンジ色の風景。
img20061217.jpg

西向きの塔からは、海は見えない代わりに、夕刻タイムには夕日が見えるのだ。
先に誕生の門に行って正解だと、我ながら感心した。
img20061217_1.jpg

もしかしてこれもガウディの構想の内だったりして。

それにしてもガウディの構想は、いつ完成するのかしら。
塔の上からの眺めでは・・・
う~ん、私が生きてるうちはやっぱり無理かなぁ落ち込み
img20061217_3.jpg

バルセロナの日が暮れて来ました・・・夜ですね流れ星
ペンギン 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ⇒

2006年12月06日23:47芸術家達の情熱!-6 サグラダファミリア5
PermalinkComments(2)TrackBack(0)♪Barcelona 
長い螺旋階段を下りて、次の目的地、西側のエレベーター乗り場に向かう。
img20061207.jpg


こっちの行列は1、2、3・・・う~ん、凄い人だ。
30分くらい待たないと乗れそうに無いかも。さすが人気のアトラクション。
待つのもサグラダファミリアの中なら悪くないか、と思いながらも、
受難の門をうろうろしていると、右の脇にミュージアムへの入り口を発見びっくり
ここで行列がすくまで待つことにしよう。

入り口を入ると、天井が低い。
どうやらここはサグラダファミリアの地下のようだ。
ここには、サグラダファミリアの模型や、ガウディが試行錯誤を重ねていたが想像できる逆さ吊りの模型があった。
img20061207_1.jpg

な・る・ほ・ど電球
確かに、サグラダファミリアの塔はツララの様だ。
img20061207_3.jpg


奥に進むと、ガウディの生い立ちやサグラダファミリアができるまでの、ショートムービームービーが上映されていた。
タイミングよくあと5分待てば英語版が始まる。
逆さ模型を眺めながら待つことにしたバニー

いざ入って真ん中辺りの席に座ると、サグラダファミリア物語が始まった。
英語は半分くらいしか分からなかったが、映像が理解を助けてくれた。
完成を見ずに死んだガウディの代わりに、
この塔の成長を私はどこまで見ることができるのかなぁ。

サグラダファミリアの他にも書きたいこといっぱいあります。でも・・・まだまだサグラダファミリアが続きますクローバー
ペンギン 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ⇒