2006年03月

2006年03月25日02:53Agrigento/Piazza Armerina-10
PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪Agrigento/Piazza Armerina 
広くない館の中で、保存状態が比較的よく、私が気に入ったモザイクをちょっとご紹介します。
行かれた方は探してみて下さいね。

10人の娘の間、と呼ばれる部屋にいたのはなんとビキニ姿の乙女達。どうやらローマ時代にはすでに、ビキニというもは存在して、堂々とこういう格好で闊歩していたということかしら?
さすがイタリアって感じドキドキ小
img20060319.jpg


一番保存状態が良く、色が綺麗だなと思ったのが、鳥を抱いてる男のモザイク。少し青っぽい感じのベースが、赤や黄色の色によく映えてる上に、細部までしっかり線が残っていて、時代の風化をまったくといって感じなかったですよ。
img20060319_1.jpg


保存状態は上に劣るけれども、面白い!という一押しがこれ。鳥に車を引かせているこのモザイクは、馬車ならぬ、鳥車というとこでしょうね。
img20060319_2.jpg


別荘見学を終えると、レストハウスがあり、そこでお手洗いや、小腹を埋めることもできます。わたしはもちろんそこで、お決まりのジェラートアイスを食べました笑顔

以前からの読者様も、最近の読者様も、ご愛読いただきありがとうございます!次は、シラクーサ編です!
ペンギン 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ⇒
img20060319.gif


2006年03月17日00:37Agrigento/Piazza Armerina-9
PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪Agrigento/Piazza Armerina 
くわぁ~~、ここでも強い日差し太陽が肌に突き刺さる。
ガラス張りのカサーレの別荘にも同様に日差しか突き刺さっている・・・
これじゃ、鑑賞中は多少のエアコンは期待できても、UVカットまでは期待できないかも。

別荘の中に入ると、床一面ご~じゃすなモザイク!
奥の方までモザイクだらけのようだ。
ガラスの館の中は、順路に従ってモザイク画が見れるように、
階段や橋が通路にかけられていた。
img20060317.jpg


細い通路の先頭をガイドさんが歩きながら、モザイクの説明音量をする。
ふむふむ、説明が耳に入らなくても、ローマ時代からあるというモザイクは目パンダに入る。
今、こんなものが保存されているのも凄いけど、
数千年前にこんなものが作れたの事自体凄い凄い!!

今の私達ならどう?落ち込み
人間はちゃんと進化してるのかしら?
img20060317_1.jpg


それにしてもこんな床の上で生活なんて、落ちつかなそうドキドキ大

愛読者の皆様、感謝です!なんとか、50位圏内で耐えてます!
ペンギン 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ⇒
img20060317.gif


2006年03月01日18:21Agrigento/Piazza Armerina-8
PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪Agrigento/Piazza Armerina 
ランチ料理を済ませ、レストランの前の白い浜辺に出てみる。
お腹も心も満たされた体に風が心地いい。

バスバスはアグリジェントを出て、西へ一路ピアッツァアルメリーナへ。
ほとんどまっすぐの高速道路を走るバスの微妙な揺れにうとうとしていると、ピアッツァアルメリーナに到着、というガイドさんの声マイクが聞こえて来た。
img20060302_1.jpg


バスを降りるとそこには、期待していたヴィッラ・ロマーナは何もない。
土産物屋が並ぶ道を通り過ぎないと、お目にかかれないらしい。
うまくできているものだ。

乾いた土の上を道なりに歩き始めると、片言の日本語で土産物屋さんにっこりが声を掛けてくる。
そういえば”シチリア”や”ピッツァアルメリーナ”の日本語表記のガイドブック本などが、フランス語やドイツ語のそれに交じって軒先にあるのが目に付く。
ここは南イタリアなのよ、数えるほどの日本人にしか会ってないのに、やっぱり日本人の観光客ってここでも多いのかしらはてな

土産物通りを過ぎて坂を下ると、やっとヴィッラ・ロマーナの入り口が見えてきた。
img20060302.jpg


皆様のおかげで50位圏内再び?!
ペンギン 気に入ってくれたらブログランキングへどうぞ⇒
img20060302.gif