2011年07月07日22:00ファスティング始めました
PermalinkComments(0)TrackBack(0)新米主婦のchallenge 
仕事で知り合った方から勧められた発酵ジュースで、
生まれて初めてファスティングに挑戦することにした。

その”酵素の達人”曰く、
「頭痛がする」、「吐き気がする」などと躊躇するような事前情報。
それでも、「体調が良くなる」、「頭が冴える」、極めつけは、「痩せる」というプラスの結果が期待できるという。
私の目の前には、その実体験をした神々しいお姿があった

そもそも年末に友人がファスティング合宿で痩せた、
という話を聞いていたので、私も乗せられて挑戦してみることにした。
何しろ結婚式の後のリバウンドが結構来ていたのだ・・・

今朝 体重 5X.2㎏  体脂肪率2X.5% 体温36.45℃
酵素の達人の助言により、発酵ジュース”ビオエンザイムドリンク
http://www.biorise.co.jp/products/bioenzyme_drink.html”を、一日当たり
500ml飲む。

このジュースを適度に飲むと、空腹感は確かに無い。
しかも私の好きな炭酸水で割ると、かなり美味しい
夕方、軽くジョギングをして、初日は無事に終了。

しかし、眠い・・・
これはファスティングと関係あるのだろうか??



明日の自分はどうなっているだろう・・・?
お・楽・し・み
酵素の達人のお店はこちらです
⇒⇒http://rainbowrawfood.com/

気に入ってくれたらブログランキングのクリックお願いします!↓↓↓
br_banner_kingyo


2011年06月12日23:13ウルルと風の谷ツアー4 in Ayers Rock
PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪Australia 
風の谷から急いでバスに戻ると、冷たい麦茶と冷たいおしぼりが私達を待っていた。
太陽で暑くほてった体には何よりのご褒美だ。
そして再びバスに乗って、ウルルのサンセット会場に移動する。
いよいよ、ウルル(エアーズロック)とのご対面が近づいてきた。

バス
にしばらく揺られると、正面にウルルが見えてきた。
広いサンセット会場に到着すると、既に他のツアーバス
が駐車場を埋めていて、
バス
を降りた人たち、皆それぞれがサンセットを鑑賞する場所を求めて急いでいるように見えた。

私達も、ガイドさんから観賞用の折り畳み椅子、それとワイン、つまみを受取り、私達のウルルサンセット会場を探す。
といっても、会場は広く、どこからでもウルルが見える。
同じように椅子を持ってうろうろ、うろうろする人達の間をぬい、やっと見つけたベストポジションに腰を下ろした。

そうしている間にも、少しずつ空の色と、ウルルの色が変化して来た。
ポテトチップスを片手に、ワイン
を飲みながら、その瞬間を待つ。
そしてついに、ウルルの色が赤く染まるその瞬間が来た。
ウルル7

青い空に、赤いウルルが映える、初めての夕焼け。
日本のそれとは全く違う、これがウルルのサンセットなんだ。
まだまだ赤くなるのか・・・と思ってじっと待っていると、ウルルは土気色に変化して来た。
どうやらサンセットタイムはこれで終わりのようだ。

それとともに、青い空が、ピンク色交じりの空に変化して来た。
まるでカクテルのように、二層に分かれた色の空に、白い月
5
一瞬の、だからこそ幻想的で、神秘的な時間だった。



いつの間にか、ウルルに行って半年以上経ってました。

気に入ってくれたらブログランキングのクリックお願いします!↓↓↓
br_banner_rainbow 


2011年05月03日12:07ウルルと風の谷ツアー3 in Ayers Rock
PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪Australia 

ツアーに組み込まれているのは、第一展望台までのウォーキングコース
バスを降りると、私たちはガイドさんを先頭にして、なんとなく隊列を組んだ。

大きな岩山、照りつける太陽、赤い土、地平線、それと顔の周りを飛び交うハエ達。
さすがの私も、ガイドさん無しでは一人で来ようとは思わない。
雲一つない空の元、水と帽子は必需品だ。
でも、暑さよりも、キツカッタのはハエだ。
うわさには聞いていたが、サングラスが、日差しとハエから守ってくれた。

ウルル4

ガイドさんを先頭に、緩やかなのぼり坂を、目的地である第一の砦を目指して歩き出した
木と岩と土ばかりが続く道に、時折、とかげが顔を出す。
日本で遭ったら、決して自分から近寄ることはないだろうに、この時ばかりは、カメラを持って近づいた。
ガイドさんが言うには、トカゲは日光浴が好きな生き物なので、こうして、岩の上や、アスファルトに出現することがあるのだという。

 

ウルル5

空と岩のコントラストを見ながら、歩くこと約20分。
第一展望台についたときには、うっすらと汗をかいていた。
展望台といっても、囲まれた望遠スペースがあるわけではない。
少し小高くなっている辺りを言う様だ。
谷を吹き抜ける風が気持ち良く、時折、風の音が聞こえてくる。
ここが“風の谷”といわれる所以が分かる気がする。

待ちに待った自由時間。
バスまで戻る時間を計算すると残り時間は多くないけれど、これを利用して、第二展望台につながる道を歩いてみることにした。


第一展望台までの道に比べて、岩だらけの細い道は、足場が良いとは言えないが、貴重な時間を思うと、自然と歩幅が大きくなり、スピードも上がってくる。
進むに連れて、同じような岩が並ぶカタジュタの風景が少しずつ変わってきた。
ウルル6

第二展望台に着けることなく、残念ながら、ここで時間切れ。
この岩の向こうに何があるんだろう。
岩の中にあるものへの興味が更に増して来た。

次に来るときは、一日かけて歩きまわってみたいエリアだ


オーストラリアは今頃秋ですね。

気に入ってくれたらブログランキングのクリックお願いします!↓↓↓
banner_br_hanataba


2011年04月13日20:23春キャベツと豚肉の重ね煮
PermalinkComments(0)TrackBack(0)新米主婦のchallenge 
今日は八百屋でキャベツがお買い得でした!
それで以前にグッチ裕三さんがTVで紹介していたレシピを
思い出して作ってみました。
春キャベツと豚肉の重ね煮
『簡単なのに美味しい』
ほんとにその通りでした


2011年04月09日21:11ボタン鍋に初挑戦
PermalinkComments(0)TrackBack(0)新米主婦のchallenge 
大阪の方から猪肉の塊をもらったので、ボタン鍋に初挑戦しました!牡丹鍋

一時間近く煮込んだので、
臭みがなく、柔らかく、なんとも言えない甘味のスープに仕上がりました